フランチャイズ(FC)募集企業の【口コミ・評判 最新版!】

タリーズコーヒー

フランチャイズ募集サイトランキングはこちら≫≫≫


タリーズコーヒーの基礎知識

タリーズコーヒーとは、1992年にあるアメリカの不動産会社を経営していた人物が開業したコーヒーチェーン店で、現在アメリカでトップクラスの人気を誇っているコーヒー店の一つです。
1997年には日本にも進出しており、その後日本各地にフランチャイズ契約によって誕生したオーナーが経営する店が建てられ、現在では550以上もの店舗数を誇っています。
この店の経営理念は「お客様第一主義」であり、お店に出すコーヒーを始めとした全商品に大きな拘りを持っています。
特に看板商品である「コーヒー」に関する拘りは凄まじく、どのフランチャイズオーナーが経営する店舗でもとても良質なコーヒーをお客様に提供し続けているのです。
では、これから「タリーズコーヒーのフランチャイズ事業体制とコーヒーへの拘り」について、詳しく説明をする事にしましょう。

タリーズコーヒーのフランチャイズ事業体制とコーヒーへの拘り

タリーズコーヒーのフランチャイズ事業は、様々な立地条件の場所でも問題無く出店出来るように万全のバックアップ体制を整えています。
新たな店舗のオーナーとなる人物への教育などにも妥協は無く、それぞれの店舗に対して定期的に巡回を行いその都度運営に関する指導を行っているのです。
その他にも、各店舗の運営を支えているシステムや環境面の定期的な整備や、販売を促進させる為の活動に対するサポートも行っており、様々な方法でフランチャイズオーナーの皆さんを応援しています。
そして、肝心のコーヒーに対する拘りも並外れたものになっていて、世界各国から厳選して集めた良質なコーヒー豆を国内でしっかりと焙煎し、「フレッシュな商材」として各店舗に届けています。
このような努力の数々によって、タリーズコーヒーは売上を伸ばし多くの人々から愛されるコーヒー店へと成長したのです。

この記事のまとめ

以上が、1992年にアメリカで誕生し1997年から日本でもフランチャイズ形式で店舗が拡大していったコーヒー店「タリーズコーヒー」に関する話です。
皆さんも、タリーズコーヒーの事をもっと深く知りたくなったら、ぜひ一度各地にある店舗に足を運んでみると良いでしょう。

フランチャイズ企業を探せる!おすすめサイトランキング

第1位

フランチャイズの窓口

公式サイトはこちら

利用者の口コミ
●32歳 男性 元公務員

正直、独立開業するのは怖かったです。でも、今の公務員の仕事はこのまま将来ずっと続けられないと思ってました。自分に技術力やアイデアがあるわけでもなく、それならと思いフランチャイズで開業しようと思いました。
フランチャイズの窓口なら募集している企業のほとんどが掲載されてるので興味のあるフランチャイズに一括請求を行い、自分で検討しました。
今では学習塾のフランチャイズを経営し、楽しく働いています。

》フランチャイズの窓口で募集企業を見る

トップページ

フランチャイズ募集企業

基礎知識