フランチャイズ(FC)募集企業の【口コミ・評判 最新版!】
フランチャイズ募集企業 > フランチャイズ募集企業 > ドトールコーヒーショップ

ドトールコーヒーショップ

フランチャイズ募集サイトランキングはこちら≫≫≫


ドトールコーヒーショップ

カフェのフランチャイズ(FC)で開業・独立・起業

フランチャイズカフェドトールコーヒーショップ

ドトールコーヒーショップは国内では1,100店舗以上ありますが、本部の目標としては3,000店舗くらいまで増やすよう努力をしています。
1,100店舗ですからよく目にしますし、知名度も高まっていますが、まだまだフランチャイズの募集は続いています。
開業をするときの部件については、いい物件が出たときは本部からの情報提供がありますが、基本的に本部からのレクチャーを受け、自分自身で探さないとなりません。
オーナーになりためには特に資格は必要ありませんが、経営方針を同じものにするために、ドトールコーヒーショップの経営理念を実施しなければなりません。
他にも営業時間や従業員のことなど、フランチャイズですのである程度決まりごとがありますが、オーナーの方でアレンジすることも可能となっています。

フランチャイズ開始までの流れ

始めは個別面談にて、ドトールコーヒーショップの経営理念を元に心構えなどの説明を受けて、打ち合わせを重ねて、今度はドトールコーヒーショップの特徴を学びます。
その後店舗見学や事業計画や、フランチャイズ契約などを交わして、オープンへの準備を始めます。
通常は工事に20から40日間のくらいかかりますので、その間に、受講料21万で、ドトールコーヒーショップのノウハウを得るために研修トレーニングをおこないます。
工事が終わればオープンなのですが、パートやアルバイトであっても約3日間のトレーニングを必ず受けますのでスムーズにオープンの日を迎えることができます。

他のブランドと知名度の高さ

株式会社ドトールには他のブランドがいくつかあり、エクセルシオールカフェやカフェ マウカメドウズやカフェ コロラドやル カフェ ドトールやカフェ レクセルがそうです。
他にもコンビニエンスストアでパックされた飲み物の販売や量産店でも同じように飲み物の販売をおこなっています。
知名度のあるカフェのフランチャイズなので、開業したときに宣伝や広告にコストをかける心配が要りません。

カフェのフランチャイズ(FC)で開業・独立・起業

フランチャイズ企業を探せる!おすすめサイトランキング

第1位

フランチャイズの窓口

公式サイトはこちら

利用者の口コミ
●32歳 男性 元公務員

正直、独立開業するのは怖かったです。でも、今の公務員の仕事はこのまま将来ずっと続けられないと思ってました。自分に技術力やアイデアがあるわけでもなく、それならと思いフランチャイズで開業しようと思いました。
フランチャイズの窓口なら募集している企業のほとんどが掲載されてるので興味のあるフランチャイズに一括請求を行い、自分で検討しました。
今では学習塾のフランチャイズを経営し、楽しく働いています。

》フランチャイズの窓口で募集企業を見る

トップページ

フランチャイズ募集企業

基礎知識