フランチャイズ(FC)募集企業の【口コミ・評判 最新版!】
フランチャイズ募集企業 > 基礎知識 > フランチャイズの種類は?

フランチャイズの種類は?

フランチャイズ募集サイトランキングはこちら≫≫≫


フランチャイズの種類は?

フランチャイズなら「フランチャイズの窓口」(FC募集で独立開業)≫≫≫≫

フランチャイズの種類とビジネス・フォーマット型フランチャイズ

フランチャイズは大きく分けると、3種類に分かれています。
ひと口にフランチャイズと言っても、ビジネス・フォーマット型フランチャイズ、ターンキー型フランチャイズ、コンバージョン型フランチャイズと種類があるのです。
それぞれの種類の特徴はどのようなものがあるのでしょうか。
ビジネス・フォーマット型フランチャイズは、現在の所最も一般的なフランチャイズ形式で、展開しているビジネスのシステムやノウハウをパッケージ化し、ライセンス化した物を言います。
ビジネス・フォーマット型フランチャイズには、同じチェーン店の名前の使用権も含まれていて、大手企業に良く見られます。
ただし、店舗を必要とする業種の場合には店舗までは含まれていない為に、加盟者が自分の責任において本部のアドバイス等を受けながら店舗を持つ必要があります。

ターンキー型フランチャイズとは

ターンキー型フランチャイズは、本部が完成済みの店舗を用意してくれると言うメリットがあり、加盟者はそのカギを受け取る事によって開業出来るようになっています。
ターンキー型フランチャイズは、コンビニ等で多用されているタイプで、加盟者は加盟時に掛かる費用を準備し、本部の研修を受ける事によりすぐに開業できる点が特徴的です。
こうした手軽さが人気を集ていて、多くの加盟者が利用しているスタイルです。
ですが、契約時に夫婦での就業や年齢の確認が必須等、細かな条件がある所がデメリットです。
自分の条件で契約が出来るのかを事前に確認する必要があります。

コンバージョン型フランチャイズとは

コンバージョン型フランチャイズは、既に事業を行っている業者とフランチャイズ契約を結び、組織化するフランチャイズです。
不動産、建築業、リフォーム業、ホテル業等に多く活用されているスタイルです。
統一した宣伝や教育を行う事が出来るので、効率的かつ効果的にシステムを利用する事が出来る他、ブランド名も活用する事が出来る点がメリットだと言えるでしょう。
また加盟店が既存事業を廃業する事無くそのノウハウや基板を活用できる点もメリットだと思います。

フランチャイズなら「フランチャイズの窓口」(FC募集で独立開業)≫≫≫≫

フランチャイズ企業を探せる!おすすめサイトランキング

第1位

フランチャイズの窓口

公式サイトはこちら

利用者の口コミ
●32歳 男性 元公務員

正直、独立開業するのは怖かったです。でも、今の公務員の仕事はこのまま将来ずっと続けられないと思ってました。自分に技術力やアイデアがあるわけでもなく、それならと思いフランチャイズで開業しようと思いました。
フランチャイズの窓口なら募集している企業のほとんどが掲載されてるので興味のあるフランチャイズに一括請求を行い、自分で検討しました。
今では学習塾のフランチャイズを経営し、楽しく働いています。

》フランチャイズの窓口で募集企業を見る

トップページ

フランチャイズ募集企業

基礎知識